やはり多いのは工場勤務。

繁忙期は生産数が急増するのが工場の特徴

工場は製品の生産を行うための施設ですが、生産数は時期によって大きく変わります。業種によって違いはありますが、多くの工場は特定の時期になると生産数が急増する繁忙期があります。繁忙期になると24時間体制で設備を動かすことも珍しくありません。設備を動かす時間が長くなればそれだけ必要な人員も増えるので、雇用期間が限定される期間工という形で増員するのです。かつては工場を運営する会社が自社雇用の形で期間工を確保していましたが、現在では管理の手間を省き、確実に人数を用意できるという利点から派遣会社を利用するケースが主流になっています。派遣会社による工場勤務は働く側から見ても勤務先を探しやすいという大きなメリットがあるのです。

特別な技能は要求されない単純作業が中心

繁忙期とはいえ仕事の内容は他の時期と同じですが、雇用期間が決まっている期間工は誰でもできる単純作業に従事させるのが普通です。作業現場での基本的な知識は持たせますが、専門性が高い事柄を教えるには時間がかかるので、繁忙期が過ぎれば退社する期間工には教育を施す必要はありません。しかし、現場によっては機械操作や車両の運転など専門性が高い作業を行うこともあります。そのような現場では資格所持者や経験が豊富な人員を優先的に回すのが普通です。稀に人数が少ないなどの理由で未経験者が配属されることもありますが、そのような場合は時間を割いてでも十分に仕事内容を教え、万が一であってもトラブルを起こさないようにすることが重要なのです。